Le dieci icone del bue

 

十牛圖 Shiniu tu
[十牛図 Jūgyūzu(じゅうぎゅうず)]

di
廓庵師遠 Kuoan Shiyuan [Kakuan Shien], XII sec.

 

Il monaco Tai-an chiese al maestro Pai-chang “Vorrei essere istruito nel buddhismo, che cosa è?”, “È come se cercassi un bue mentre lo stai cavalcando”.

 

Shubun Shubun
1) 尋牛 2) 見跡
Shubun
Shubun
3) 見牛
4) 得牛
Shubun Shubun
5) 牧牛 6) 騎牛歸家
Shubun
Shubun
7) 忘牛存人
8) 人牛俱忘
Shubun Shubun
9) 返本還源 10) 入鄽垂手

Testo cinese

1 尋牛

茫茫撥草去追尋,水闊山遙路更深;力盡神疲無處覓,但聞楓樹晚蟬吟

2 見跡

水邊林下跡偏多,芳草離披見也麼?縱是深山更深處,遼天鼻孔怎藏它

3 見牛

黃鸝枝上一聲聲,日暖風和岸柳青;只此更無回避處,森森頭畫難成

4 得牛

竭盡精神獲得渠,心強力壯卒難除;有時才到高原上,又入煙雲深處居

5 牧牛

鞭索時時不離身,恐伊縱步入埃塵;相將牧得純和也,羈鎖無拘自逐人

6 騎牛歸家

騎牛迤邐欲還家,羌筆聲聲送晚霞;一拍一吹無限意,知音何必鼓唇牙

7 忘牛存人

騎牛已得到家山,牛也空兮人也閑;紅日三竿猶作夢,鞭繩空頓草堂間

8 人牛俱忘

鞭索人牛盡屬空,碧天遼闊信難通;紅爐焰上爭容雪,到此方能合祖宗

9 返本還原

還本還原已費功,爭如直下若盲聾;庵中不見庵前物,水自茫茫花自紅

10 入鄽垂手

露胸跣足入 來,抹土杜灰笑滿(思頁);不用神仙真秘訣,直教枯木放花開

 

 

Trascrizione e adattamento in giapponese:

  1. 尋牛(じんぎゅう) – 牛を捜そうと志すこと。悟りを探すがどこにいるかわからず途方にくれた姿を表す。
  2. 見跡(けんせき) – 牛の足跡を見出すこと。足跡とは経典や古人の公案の類を意味する。
  3. 見牛(けんぎゅう) – 牛の姿をかいまみること。優れた師に出会い「悟り」が少しばかり見えた状態。
  4. 得牛(とくぎゅう) – 力づくで牛をつかまえること。何とか悟りの実態を得たものの、いまだ自分のものになっていない姿。
  5. 牧牛(ぼくぎゅう) – 牛をてなづけること。悟りを自分のものにするための修行を表す。
  6. 騎牛帰家(きぎゅうきか) – 牛の背に乗り家へむかうこと。悟りがようやく得られて世間に戻る姿。
  7. 忘牛存人(ぼうぎゅうぞんにん) – 家にもどり牛のことも忘れること。悟りは逃げたのではなく修行者の中にあることに気づく。
  8. 人牛倶忘(にんぎゅうぐぼう) – すべてが忘れさられ、無に帰一すること。悟りを得た修行者も特別な存在ではなく本来の自然な姿に気づく。
  9. 返本還源(へんぽんげんげん) – 原初の自然の美しさがあらわれてくること。悟りとはこのような自然の中にあることを表す。
  10. 入鄽垂手(にってんすいしゅ) – まちへ... 悟りを得た修行者(童子から布袋和尚の姿になっている)が街へ出て、別の童子と遊ぶ姿を描き、人を導くことを表す。

 

 

 


Facebookgoogle_plusredditpinterestlinkedinmail